痛風サプリ

痛風の予防と改善・サプリによる対策とは

 

痛風サプリ特集※痛い痛風発作は事前に予防したい

 

痛風とは風が吹くだけでも痛くなるという言葉から由来された名前です。それほどの痛みとはなぜ起こるのでしょうか。痛風は尿酸が体の中に溜まってしまい、それが結晶となって関節痛になるからです。痛みのよく起こる部分は、足の付け根や、くるぶし、手首や肩などがあげられます。放っておくと体の一部分だけではなく、体中に結節が出来てしまい、肝臓まで悪くなってしまうこともあります。ほとんどの場合に、高尿酸血症が見られ血液検査によって発見されます。原因は暴飲暴食や運動不足やストレスなどがあります。特には食事の中に含まれるプリン体というものです。プリン体はほとんどが汗や尿といった排泄物から出ていきますが、過剰に摂取したりストレスを多く感じている場合は、本来肝臓で代謝され尿酸となって排出されるはずが出て行かなくなってしまいます。特にプリン体はビールなどのお酒であったり、レバーや大豆や魚介類には多く含まれます。では痛風にならないための改善策はあるのでしょうか。まず気をつけなくてはいけないのは生活スタイルです。プリン体はうまみ成分を多く含むものに含まれていることが多いです。魚介類や干物は避けましょう。逆に食べたほうがいいものでは、アルカリ性の食事です。海草や根菜やイモ類は食べると尿酸値を下げることが出来るので積極的に摂取することが対策になります次に痛風は肥満を併発することがあります。暴飲暴食を避け、自分の体重を把握しましょう。体重の管理も重要です。何を摂取して、何を摂取してはいけないのかを考え、健康的な生活習慣を身に着けましょう。では痛風になる前に予防をすることはできるのでしょうか。今注目されているのがサプリです。中でもアンセリンという成分が期待されています。アンセリンとは疲労回復効果のある成分で、筋肉の中で作られます。アンセリンは尿酸やプリン体を体外に排出してくれる働きがあるので、溜め込みにくくしてくれます。他にもカリウムという成分も尿に尿酸が溶けやすく、また葉酸も体内の代謝をあげてくれます。このようにサプリは様々な病気の予防にも大きく関わってきます。生活習慣を見直そうとしたり、バランスのいい食生活をしようと思っても、この忙しい社会ではなかなか出来ません。外食ばかりをしていたり、買ってきたものだけを食べるのではバランスのいい栄養はとれず不安になります。そのようなときにサプリで予防をするのはとても大事なことです。

痛風サプリによる対策

痛風発作の予防と痛い時の緩和方法

痛風発作が出てしまうと、痛みのあまり何も手につかなくなってしまいます。特に足の付け根に痛みが出ることが多いです。
明け方や夜中などすぐに病院を受診できない時に発作が起こることが多いので、痛い時の応急処置としての緩和法で対処する必要があります。
ポイントは3つで、患部を冷やす、患部を心臓よりも高くする、安静にする、です。
炎症は冷やすことが基本です。痛風は関節に炎症が起きている状態なので、何よりも先にまずは冷やします。湿布はひんやりしますが、実際にはひんやり冷たく感じさせる成分のおかげで冷たいと感じさせているので、しっかり冷やすには氷水や冷却グッズで冷やすようにします。凍ったままの冷却グッズを直接患部に当てると凍傷になってしまう恐れがあるので、タオルに包んであてがうといいです。
発作時は足の血流が滞っていて、炎症成分が溜まってしまいやすいので、うっ血を改善するためには心臓よりも患部を高くするようにします。横になってタオルなどを何枚か敷いて足をのせて調整します。
痛風サプリ特集※痛い痛風発作は事前に予防したい
痛いとマッサージしたくなるかもしれませんが、マッサージをしてしまうと痛みが悪化する恐れがあります。患部は冷やして心臓よりも高くするだけで、あとは安静にするようにしましょう。
痛みはすぐには引かないことが多く、痛みのピークは2?3日です。痛い時には消炎鎮痛剤を使うことが多いですが、痛風の時には使っていいものと絶対にダメなものがあります。アスピリン系のものは尿酸値を上昇させる恐れがあるので、飲まないように気をつけましょう。それ以外のものであれば痛い時の緩和法として使ってもいい薬もあります。
ピーク後は1?2週間以上すると何事もなかったように痛みが引くことが多いです。ただし、痛みが引いたと言っても尿酸値が下がって治ったわけではないので、早めに内科を受診するようにしましょう。
発作を予防するには、尿酸値を下げることが大切です。尿酸値は血液検査で調べることができて、男性であれば4.0?6.5mg/dl、女性であれば3.0?5.0gm/dlが平均です。基準値は7.0mg/dlで、この数値を超えると高尿酸血症で、治療が必要です。
下げるためには食事療法と生活習慣の見直しが基本で、1日の摂取カロリーを適正よりも抑えるようにする、プリン体の多いものを避ける、水を1日3L以上はとる、有酸素運動をする、生活リズムを整える、アルコールの過剰摂取は控える、などが大切です。