プリン体

痛風に良いか悪いかは食品中のプリン体が重要

 

痛風に良いか悪いかは食品中のプリン体が重要痛風の原因としては、飲酒、ストレス、食べ過ぎ、激しい運動などが挙げられますが、大きな原因の一つがプリン体です。プリン体は代謝されると尿酸に変化します。プリン体を大量に含む食品を過剰に摂取すると、尿酸値を上昇させるので痛風の予防や改善のためには、1日400mgが摂取制限の目安とされています。そこでさまざまな食品が含むプリン体の量を把握して、痛風に悪いものと良いものを見極めて普段の食生活に活かす工夫が必要になります。

 

含有量が極めて多い食品(100g当たり)としては、300mgを超えるものがかつおぶし、煮干し、干し椎茸、鶏レバー、マイワシの干物、アンコウの肝の酒蒸し、などがあげられます。うっかりするとすぐに1日の目安を超えてしまうほどの含有量であるため十分に注意しなければなりません。

 

200-300mgと多いものが豚レバー、牛レバー、マイワシ、大正エビ、マアジの干物、サンマの干物、カツオなどです。

 

50-100mgと少ないものが、ウナギ、ワカサギ、豚ロース、豚バラ肉、牛肩ロース、牛肩バラ肉、牛タン、マトン、プレスハム、ベーコン、つみれ、ほうれん草、ボンレスハム、カリフラワーなどです。

 

 

痛風に良いか悪いかは食品中のプリン体が重要50mgと極めて少ないものがコンビーフ、魚肉ソーセージ、かまぼこ、焼きちくわ、数の子、すじこ、ウィンナーソーセージ、豆腐、牛乳、さつま揚げ、チーズ、バター、鶏卵、とうもろこし、ジャガイモ、さつまいも、米飯、パン、うどん、そば、果物、キャベツ、トマト、にんじん、大根、白菜、ひじき、わかめ、こんぶなどです。

 

このように見ると、魚介の干物やレバーといった酒のつまみとして重宝されるものが目に付きます。しかし魚介類や魚貝を原料としたものでもつみれ、数の子、すじこ、さつま揚げなどは少ないので、つまみを注意して選ぶことが大切です。ただし食べ物の種類だけではなく、含有量が少ないものでも大量に食べては意味がないので食事の量にも注意が必要です。

 

では痛風によい食べ物をいくつか挙げてみます。従来はプリン体を含む食べ物を制限することが主な対策とされてきましたが、尿酸やプリン塩基を分解する成分を含んだ食べ物を摂ることで尿酸値を下げられることが明らかになってきました。

 

尿をアルカリ化する食べ物として、ひじきやわかめ、昆布などの海藻類やごぼう、ジャガイモ、ニンジンなどの根菜類、また果物ではバナナなどがアルカリ性食品で尿酸を溶かすことができるので、積極的に食べたいものです。

 

尿酸を分解したら、それを体外に排出することも必要です。したがって大量の汗をかくような激しい運動は避けて、できる限り水分を多めに摂ることが大切です。