尿酸値を改善

尿酸値を改善するために血流を良くするストレッチで対策したい。

 

尿酸値を改善するために血流を良くするストレッチで対策したい。現代人の食生活は大きく変化しており、肉類中心の食生活を続けていると、タンパク質や脂質を過剰に摂取してしまい、肥満の原因になるだけでなく、尿酸値も上昇しやすくなります。
尿酸値が上昇したり、うまく体外に排出ができないと、痛風などの病気の原因になってしまいます。
痛風を予防するためには、尿酸値を安定させる必要があるので、体の血流を促進するために、無理のない運動を続ける必要があります。
通勤や買い物、レジャーなどに自動車を利用する人が増えており、デスクワークが中心の人は、運動不足になりがちです。
激しい運動は行う必要はないので、ウォーキングやストレッチなどの無理のない運動を続ける必要があります。
40代以降の働き盛りの人は、なかなか運動をする時間が取れない人が多いですが、テレビを見ている時間を利用して、10分程度のストレッチをするだけでも、運動不足を解消しやすくなります。
日頃から適正体重を維持するために、緑黄色野菜や海藻類、大豆食品、魚類などの和食中心の食生活を心掛けて、肥満を予防するための対策を立てておく必要があります。
健康診断で尿酸値が高めだと診断された人が多いですが、生活習慣や食生活を見直さないと、突然足の親指の付け根に激痛が感じたり、患部が赤く腫れあがる可能性があります。
夜間から早朝に掛けて、気になる症状が見られることが多いため、病気を早期発見、治療を始める必要があります。
男性だけでなく、女性も仕事を持たれている人は、お付き合いでお酒を飲む機会が多いですが、日本酒やビールなどのアルコール類には、プリン体が多く含まれているので、飲む量を控えたり、お酒を飲まない日を作ることも大事です。
痛風は男性に多いイメージがありますが、女性は40代以降になると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が低下してくるので、尿酸の数値が上がりやすい傾向があります。
尿酸値を下げて、辛い症状を改善するためには、ストレッチなどの無理のない運動を行って、体の血流を促進することも大事です。
適度に体を動かすことで、気分をリフレッシュできますし、尿酸を体外に排出しやすくなります。
喫煙や飲酒などの悪い習慣があると、尿酸の排出がスムーズに行かなくなったり、数値が上昇する原因になってしまうので、なるべく禁煙を心掛けることも大事です。
現代は若い20代の人も、尿酸の数値が高い人が増えているので、程度に体を動かす習慣を付けることが大事です。