尿酸値の正常な数値

尿酸値の正常な数値と高尿酸血症となる基準上限値

 

尿酸値の正常な数値と高尿酸血症となる基準上限値健康診断や人間ドックでは、尿酸値という血液中の尿酸濃度を測定します。基準上限値は男性女性ともに7.0mg/dlで、この数値以内であれば正常です。この数値を超えた場合は、高尿酸血症と診断されます。検査結果の用紙によっては、男性で3.8mg/dlから7.5mg/dl、女性で2.4mg/dlから5.8mg/dlと印刷されていることもありますが、あくまでも参考の数値です。高尿酸血症と診断を受けた後で、長くこの状態が続くと、血液に溶け切らない尿酸は尿酸塩になり、場合によっては関節部に付着します。これが痛風と呼ばれる急性関節炎です。関節の周囲が腫れ上がるため激しい痛みを伴い、重篤な場合は関節を動かすことが困難になります。足に症状が出たケースでは歩行が難しくなり、靴を履くこともできなくなります。尿酸値が高くなればなるほど、痛風になるリスクが高まりますので、検査結果が基準上限値を超えていた場合は軽い有酸素運動や食事制限を行い、それ以上尿酸値が高くならないように対策すべきです。食事では、特にプリン体は尿酸の原因となるため、1日に400mgを超えて摂取しないようにします。ビールをはじめとするアルコール、エビや白子、レバー類が特にプリン体を多く含む食品です。アンコウの肝もプリン体の含有量が多いため、食べ過ぎないようにすることが好ましいです。その他、健康サプリの利用も有効です。尿酸値を下げる成分としては、海洋性のアンセリンが有効で、プリン体の排出を促進することが認められています。マグロやアジなどの青魚に含まれるDHAやEPAにも改善効果があります。その他、サポニンやミネラルが豊富な田七人参や、神の草とも呼ばれる植物のヒュウガトウキも役立ちます。ヒュウガトウキは、ティーパック状にしたお茶も販売されています。また尿酸塩が関節ではなく皮膚や皮下組織に溜まるケースや、腱や軟骨などに付着する場合もあり、骨に沈着した例では骨が侵食されて破壊されます。 その他、腎臓も尿酸が溜まりやすい臓器です。そのため高尿酸血症が進むとに、腎機能が低下することがあります。さらに心臓や脳の血管障害が起きる例もあり、これは生命に関わる疾患なので早期の治療が推奨されます。その他、尿酸値が1.0mg/dl以下の場合は低尿酸血症と診断されます。低尿酸血症の場合は運動後に腎機能に障害が現れたり、尿路結石が生じることもあるため、医師の診療が必要です。